• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

©2019 by Emerald Donors

Cape Town, South Africa  |  info@emerald-donors.com  |  +1 424 376 4906

エメラルドドナーでは、ドナーさまがきちんと情報を得られた上での決断を大切にしています。ご自身でリサーチをしていただいたり、ご不明な点をご質問いただける環境を整えています。ご質問がこちらに掲載されていない場合には、こちらよりお問い合わせ下さい。

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

Q

卵子ドナーになる動機は何ですか?

- 現代医学の素晴らしさに触れることができます

- ご自身の生殖機能について学び、女性の体の素晴らしさを感じることができます

- 似た志を持つ素敵な卵子ドナーとの出会いがあり、生涯の友情が生まれます

- とても特別で唯一の経験をすることができます

- 赤ちゃんが欲しいカップルの願いを叶えるお手伝いができます

 

卵子ドナーになるための条件は?

- 心身共に健康な女性

- BMI(ボディマス指数)が28以下の方

- 生理周期が規則正しい方

- 海外への渡航が可能な方(パスポート、お仕事やお勉強そしてご家族との時間を調整できる方)

- 20歳から32歳までの方

 

マッチングまでにどのくらいの時間がかかりますか?

この質問へのお返事は明確に申し上げることができません。

ご登録後すぐにマッチングが完了するドナーさまもいらっしゃれば、数週間もしくは数ヶ月かかる場合もあります。全てタイミングそして治療をされる患者さま次第です。
エメラルドドナーでは、ドナーさまをより引き立てるプロフィールを作成します。ドナーさまは、高画質なお写真やビデオそして必須の質問事項に丁寧にお返事をされることで、ドナーとして選ばれる可能性が格段にアップします。

謝礼金はいくら支払われますか?

卵子提供をする、という行為そのものに対して支払いがなされることは違法ですが、提供プロセスのための時間、労力、そしてお約束をしっかり守っていただくことに対して謝礼金が支払われます。エメラルドドナーでは、卵子提供プロセス1周期ごとに$3,500.00お支払いしております。

支払わなくてはいけない費用はありますか?

治療をされる患者さまにより、医療費、飛行機代、ビザ、朝食及び宿泊代金が支払われます。ドナーさまにお願いしておりますのは、ピルの正しい服用、空港まで決められたタイミングでご移動いただくこと、そして観光をお楽しみいただくことのみです。

 

渡航期間はどのくらいですか?

お住いの国で、卵巣を刺激するお薬の使用をスタートし、9日目にご渡航いただきます。その後、ご渡航先には1週間ほどご滞在いただきます。

卵子提供のプロセスはどのように進みますか?

プロセスの詳細は、どうぞこちらよりご覧下さい。

 

痛みはありますか?

麻酔を使用するため、採卵中に痛みを感じることはありません。
採卵後、全く痛みや不快感を感じない方もいらっしゃれば、鈍痛を感じる方もいらっしゃいます。鈍痛は、生理痛に似たような痛みです。提供ごとに個人差があります。

 

採卵中、眠った状態になりますか?

はい。採卵は、静脈鎮静法を使用しますので、眠った状態になります。

 

どのようなリスクがありますか?

一番のリスクには、卵巣過剰刺激症候群が挙げられます。これは、卵巣が過剰に刺激された場合に起こる症状です。IVFの治療の1%ほどで見られるとても稀な症状です。エメラルドドナーの専門医は、このリスクを避けるために、慎重に血液検査やエコーを繰り返しモニタリングを行います。

私の将来の妊娠に影響がありますか?

あなたは出生時から、約200万個の卵子を持っているとご存知でしたか?思春期になる頃には、40万個ほどが残っています。毎月、15-20個の卵子が卵巣の中の卵胞内で成長します。しかし、最終的に成熟するのは1つのみで、残りは体内で消えてしまいます。

卵子提供では、この自然な周期ですでに成長を始めている卵子の全てが成熟するように、お薬を使用します。つまり、体が自然と排出する予定の卵子以外は採卵しないのです。

 

一人で行動をしなくてはいけないことがありますか?

ありません。ご渡航先では、全てのステップで現地の経験豊かなスタッフがサポートさせていただきます。また、常に専門医、コーディネーターそしてドライバーとのコンタクトを取っていただける状態にしています。

卵子提供は代理母出産と同じですか?

基本的に、卵子ドナーは卵子を提供し、代理母は生成された胚を胎内で育てます。つまり、2つは全く異なるものです。しかし、卵子ドナーも代理母も、どちらも世界で人の役に立つために貢献してくださる素晴らしい女性です。

処方されたもの以外の、お薬の服用はできますか?

卵子提供プロセス前もしくは最中に服用しているお薬がある場合、必ずお知らせ下さい。あなたの健康はもちろん、卵子提供プロセスが危険にさらされないようとても大切です。

どのような避妊方法を使用するべきですか?

経口避妊薬(ピル)、パッチ、子宮内避妊具、膣内リングなどの使用は、生理周期が規則的である場合問題なく使用いただけます。しかし、下記の方法については使用を中止いただく必要があります:

1. インプラント – 事前に摘出いただく必要があり、ホルモン濃度が整うまで2週間ほどお待ちいただく必要があります。

2. 注射 – 薬剤が体外へ排出されるよう使用を中止いただき、自然周期の生理がスタートしてから卵子提供が可能となります。

 

ピルの使用はそれほど重要なものなのでしょうか?

はい。アクティブな卵子ドナーとしてご登録いただくために、経口避妊薬(ピル)のご使用は重要です。ピルが卵巣刺激に向けて卵巣の準備を整えてくれます。不妊専門医がピルを処方し、提供周期のタイミングをコントロールすることがカギとなります。また、ピルの使用で嚢腫を防ぎ、提供周期に影響を与えないことも大きなメリットです。

なぜ32歳までという年齢制限があるのですか?

卵子の質が年齢により劣化するからです。個人差があることはもちろんですが、新規でご登録をくださる方への年齢制限は32歳とさせていただいております。

なぜBMIが高いと卵子ドナーになれないのですか?

BMIが高い女性の場合、排卵誘発のために処方するお薬の量も増やす必要があるため、卵子ドナーのBMIは28以下とさせていただいております。

 

子宮摘出術や卵管結紮術を受けていても、卵子ドナーになれますか?

はい。採卵は、卵子が体内へ放出される前に行われますので、問題ありません。ご登録時に、お知らせください。

 

卵子ドナーに求められるものは何ですか?

1. 誠実さ – 卵子提供プロセスの間は、提供サイクルを無事に終了させられるように、スタッフチームに対し率直で正直な態度で接していただけること

2. お約束 – ご渡航前の、血液検査、エコーなどのお約束を予定通り守っていただくこと

3. 指示に従うこと – お薬を使用する方法やタイミングについての、チームからのインストラクションをきちんと従っていただき、ご不明な点について遠慮なく何度でもご質問いただくこと

4. コミュニケーション – 提供プロセス参加中に起こることを、直ちにスタッフへお知らせいただくこと

5. 身だしなみ – エメラルドドナーであるということは、高く評価されているグループの一員であるということです。ですから、クリニック訪問やエメラルドドナーを代表するような機会がある場合には、この点を尊重していただけること

 

なぜエメラルドドナーで卵子提供をするのですか?

卵子ドナーさまへのサポートを徹底すべく、経験および実績のある医師そして医療スタッフのチームがお待ちしております。卵子提供プロセスの最初から最後まで、専門スタッフによるチームでしっかりサポートいたします。ドナーさまを外部の施設へ転送するようなことはありません。私たちは、ドナーさまの経験がとてもポジティブでやりがいのあるものになるようコミットしております。

この他にまだ質問があります。誰に質問すればいいですか?

こちらよりお問い合わせいただきますと、スタッフがお答えします。すでにご担当のコーディネーターが決まっている場合には、担当者へ直接メール、WhatsAppもしくはお電話にてお問い合わせください。