• White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

©2019 by Emerald Donors

Cape Town, South Africa  |  info@emerald-donors.com  |  +1 424 376 4906

“お問い合わせの段階から、とてもプロフェッショナルなサポートを受け、安心して提供することができました” – エメラルドドナー

卵子提供が必要なカップルが、あなたに提供をお願いしたいと希望され、あなたも提供したい場合
次のステップに沿って卵子提供プロセスが進みます。

卵子提供プロセス

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

必要書類の準備
じっくり読んでいただき、ご署名いただいたあとご返送いただく書類をお送りします。
この書類は: 利他的な目的で卵子提供をすること、プロセス、謝礼金、あなたそして治療を受けるカップルの権利についての合意書です。この書類に関してご質問がある場合には、エメラルドドナースタッフがいつでもお答えします。事前にきちんとご理解いただき、安心してプロセスに臨んでいただくことはとても大切です。
事前検査
提供プロセスをスタートする前に、いくつかの事前検査を受診いただきます。
検査の内容は; 血液検査、産婦人科医によるエコー(検査費用は治療を受ける患者様が負担します)精神状態のチェックなどです。検査内容は、クリニック、不妊治療の専門医もしくは患者様により決定されます。検査のステップなどは随時ご案内しますので、ご安心ください。
ピルプラン
不妊治療専門医により慎重に考慮された、ピルプランを受け取ります。いつまでピルの服用をするのか、いつ頃生理が始まるのか、お薬の仕様はいつ開始するのかなどの詳細がわかります。
お薬の使用
お薬使用のインストラクションと、あなたの検査結果により専門医により処方されたお薬を受け取ります。お薬は、自己注射タイプのもので、毎日、ご自身で腹部に細い針を使用して注射します。お薬は、卵胞刺激ホルモン(FSH)のコンビネーションです。お薬の使用量などは、プロセス中の卵巣の反応などにより、専門医により調整されることがあります。お薬の使用方法や、変更などについては、随時ご説明しますのでご安心下さい。
副作用
まず初めに、長期間に渡っての副作用は報告されていません。ドナーごと、周期毎により異なります。
卵子提供プロセス中の症状は、生理前の症状にとても似ています。よくある症状は: 頭痛 / 気分のアップダウン / 膨満感 / ホットフラッシュ / 胸の張りなどです。深刻な副作用では、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。OHSSの可能性は、IVF治療全体の1−2%です。OHSSは、FSHに体が「過剰に反応」した状態です。エメラルドドナーでは、医療チームがドナーさんを頻繁な血液検査やエコーによりしっかりとモニタリングすることでそのリスクを最小限に抑えています。このリスクの傾向が見られる場合には、専門医がお薬の量を減らしたり、プロセスそのものをキャンセルすることもあります。
7-8日目の血液検査
注射の7から8日目、渡航先へのご出発前にE2 + LHの検査を受診下さい。簡単な血液検査ですが、お薬への反応をチェックするためのとても大切な検査です。この検査以降、お使いになるお薬の量が増減することがあります。
排卵抑制
Cetrotideというお薬の使用の指示があります。このお薬により排卵を促すホルモン(ゴナドトロピン放出因子ーGnRH) を抑制し、未熟な段階での排卵を防ぎます。
エコー
ご渡航地に到着後、1ー3日毎に卵胞の成長具合を確認するため、専門医のエコーを受診します。エコー時には下着をはずし、検査用のローブにお着替えいただきます。タンポン程度の大きさのプローブを膣へ挿入し、卵巣の様子を確認します。
排卵誘発
専門医により、卵胞が十分に成長し採卵の準備ができていると診断された時点で、「トリガーショット」として知られるGnRHアゴニストが処方されます。医師により、このショットを注射いただくタイミング(日時)をご案内します。この注射のタイミングは、卵子提供プロセスの中でも特に大切です。あなたの採卵は、この注射の34-36時間後に行われます。
採卵
採卵時は静脈鎮静法もしくは麻酔を使用します。卵子は、経膣卵巣吸引と呼ばれる軽度の手術により卵巣から採取されます。これまでの検査で使用した、エコーのプローブと同じくらいのエコーを挿入します。このエコーのプローブには、細い針がついていて、その針で吸引することで、卵胞の中に含まれる液体を1つ1つ採取します。このプロセスは15-20分程度です。
休養
採卵後、クリニックにて2時間ほど麻酔が完全に切れるまでお休みいただきます。点滴を受けながら、専門スタッフがケアをさせていただき、お茶やコーヒーなどのお飲物と軽食を召し上がりいただきます。その後、ホテルへお見送りさせていただきます。採卵当日は、ゆっくりとベッドでお休みいただくことをおすすめします。
採卵後のエコー
採卵の1ー2日後に、腹部からのエコーにより回復の状態をチェックします。これにより、卵巣のサイズを計測したり、腹腔内の回復が正常であることを確認します。専門医により正常な回復が確認され次第、卵子提供プロセスは終了します。お疲れ様でした!